君たちはいつまでこんな僕を地球とともにを受け続けるのか?

【ウィルゴー】本のタイトルにありましたね。こういうのが好きな人は多いはず

日経225オプション

   

coffee-coffee-beans-afternoon-tea-40828日経225オプションと呼ばれている投資がありますが、この日経225オプションとは日経平均の株価を、権利行使日なったら権利行使価格で買い付けをしたり、売り付けたりする権利を売買することができる取引なのです。買い付けのことはコールと呼ばれ、売り付けのことはプットと呼んでいます。更に分かりやすいように具体的な例を交えて説明すると、日経225オプションは、11月の権利行使価格が13000円の買付権利の場合には、11月の権利行使日に日経平均株価が、13000円以上になっていた場合には、権利行使が行われるという仕組みなのです。オプションの買い手というものは日経平均株価の13000円を超過した分の金額を全て利益としてもらうことが可能になるのです。もし権利行使日の日経平均株価が、13200円と、最初よりも200円高かくなっていた場合には、買った人は、オプション1枚につき20万円ももらえるという計算ですが、売り手の場合には、それとは反対に、20万円も支払うことになり、かなりの損害が出ることにもなりハイリスクでもあるのです。日経225のオプションというものはこのように、日経平均株価を、権利行使日に、権利行使価格により買い付けたり、売り付けたりする権利を、売買することが出来る取引を意味しているのです。初心者にとっては、最初は複雑な取引だと感じるかもしれませんが、利益を出しやすい一面、反対に損失も出しやすい取引でもあるのです。権利行使価格というのは、その時点での日経平均株価を考慮して、それに見合った値段が毎回設定されていき、その価格というのは500円単位で、選択することが出来るようになっているのです。よって、証券取引所の株価指数オプション取引についてちゃんと理解しておくといいでしょう。

 - 金融・投資